コーラとお茶で乾杯するキャンプコーラとお茶で乾杯するキャンプ

「焼き魚」のこと嫌いかな?好きかな?それぞれ意見があるかもだけど、それほど悪いもんじゃないんじゃないかな、「戦略」は。そう感じたりしない?
雲が多い祝日の早朝は散歩を

雲が多い祝日の早朝は散歩を

人間のおおよそは水分だという研究結果もあるので、水分は一つの体の基礎です。
水分補給を欠かすことなく、一人一人が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。
きらめく光の中より蝉の声が耳に届くこの時期、いつもは外出しないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だと紫外線対策に関して丁寧な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌の手入れは夏が過ぎた頃に表れるという位なので、やはり気にかけてしまう部分かもしれません。
そして、すべての方が気になっているのが水分摂取についてです。
ましてや、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期は少し例外かもしれません。
と言うものの、多く汗を出して、気付かないうちに体から水分が出ていくからです。
外に出るときの本人の健康状態も関わってきます。
ひょっとして、自身で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑い時期の水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても過言ではないかもしれません。
少しだけ歩くときにも、小さなもので大丈夫なので、水筒があったら非常に便利です。
人間のおおよそは水分だという研究結果もあるので、水分は一つの体の基礎です。
水分補給を欠かすことなく、一人一人が健康で楽しい夏を過ごしたいですね。

じめじめした日曜の夕暮れはビールを
盆が近づいて、「とうろう」などの催しが近辺で遂行されている。
付近のイベント会場では、竹やすだれで工作されたとうろうが飾られていた。
付近の観光施設では、夜更けには電気の照明はついてなくて、ろうそくの明かりだけというのは、大変素敵だった。
竹やペットボトルの中で明かりが輝いていて、温和な灯りになっていた。
温和な灯火が四辺の樹々を明るくしていて大変心地よかった。

薄暗い金曜の朝はこっそりと

どれでもいいので一つの事を、長く続けているような人に拍手を贈りたい。
野球でも、書道でも、どれだけ小さなことでも。
一年に一度だけでも、学生時代からの仲間と、あの旅館に滞在する!という習慣なども良いと考える。
何でも一つを辞めないで続ければいつかはプロまで到達することができるだろう。
あれは、保育園の時、ピアノとバレエの2つを学習していたが、辞めなきゃよかったな。
そんな風に実感するのは、部屋の角にお父さんに貰ったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いずれもう一回弾けるようになりたいと目標を立てている。

ノリノリで話す父さんと壊れた自動販売機
昨年まで完全に存在を知らなかったが、水について大丈夫なオムツなるものが売っていた。
都市部では、そのオムツ着用で入れる所と入ってはいけないところがあるらしい。
あきらかに、大人から見れば、もれないオムツでもうんちなど含んでいるオムツで同じところに入られたら、いやだろう。
だけれど、子供の親だったら、プールにいれてあげたいと思うし。
だけれども、しかし、逆の立場だったら気持ち悪くていやだ。

目を閉じて跳ねるあの子とよく冷えたビール

ちょっと仕事で必要性のある竹を周期的に譲り受けるようになって、渡りに船なのだが、混雑している竹が場所をとっていてつぎつぎと運び出してほしがっている知人は、私たちの必要量より竹を取って帰らせようとしてくるのでちょっと困る。
多めに運んで戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、大きな竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで帰ってくれと強く求められる。
私もいるものをもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

余裕で叫ぶ姉ちゃんと季節はずれの雪
頼みこまれて、山の竹のすかしを協力していたけれど、しかし、高すぎる竹がものすごく多くて厳しかった。
竹林の持ち主が山の管理を親から相続して、竹が密になっていて、手のいれようがなかったそうだ。
私たちは、ちょっと仕事で使用する大きな竹が欲しかったので、いただけるとなり、ありがたくて良かったが、密集した竹やぶの里山から出すのも厳しかった。

凍えそうな土曜の夕暮れに窓から

3年前、コンディションが良くない上に、食生活と、眠りの時間帯が変だったので、シミが増した。
これはヤバいと考え、生活習慣を意識し、体にいい事をやってみようとリサーチした。
大いに崇拝されていたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
現在でも毎朝飲む。
レモン以上にビタミンCが豊かに入っているという。
体調とビューティーは何と言っても果物から出来上がるのかもしれない。

目を閉じて自転車をこぐ彼女とぬるいビール
友達の彼氏が梅干しを販売しているらしい。
天神に本部があり中国に支社もあり、和歌山にファクトリーがある。
全国にたまに、数人で組んだグループで訪問販売をするらしい。
飲みながら、梅干しの雑学を聞いていると、食べたくなった。
「梅干し食べたい」と言ったら、もちろん!と言いながら出してくれた。
ここで食べたこの梅干しが、今までで最高に美味しかった。
という事で、早速梅干しを注文してしまった。

凍えそうな木曜の明け方はシャワーを

今考えると、小学生のころから高校まであまり向学心を持って生活していなかった。
クラスメイトが集中して学んでいても、私は課題で出された内容をしぶしぶやるといった感じだったと思う。
それでも、専門学校に入ってから自分の学びたい分野の勉強に変わると、内容がスムーズに頭に入るようになった。
ついに、働き始め、見習いを過ぎて実際の業務を任されると、今度は好き嫌い関係なく、勉強せざるを得なくなった。
やりたくないなんて考える時間もなく、どうしても頭を使う日々が続いた。
頭を使う生活をしばらくすると、次は高校時代に真面目にしなかった学習をやり直したいと思うようになった。
今では、同じように考えている人が当時のクラスメイトにたくさんいる。

どしゃ降りの休日の昼はお菓子作り
此の程、ひとり娘が家の外で楽しまない。
蒸し暑いからか、おもちゃがめっちゃ楽しいからか。
多少前までは、すごく外に遊びに行きたがっていたのに、此の程は、多少でも遊びに行きたがらない。
考えるに、男親から見て、全然困ることもないので、気にしてはいないがのだけれど女親としてはわずかでも考えている。
けれど、暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

サイトコンテンツ


サイトコンテンツ


花花

Copyright (C) 2015 コーラとお茶で乾杯するキャンプ All Rights Reserved.