コーラとお茶で乾杯するキャンプコーラとお茶で乾杯するキャンプ

「豚汁」のこと好き?嫌い?さまざまあるかもだけど、それほど悪いもんじゃないよね、「ハイボール」。そう感じない?
夢中で叫ぶ父さんと冷たい肉まん

夢中で叫ぶ父さんと冷たい肉まん

子供がマルモダンスをおどっている。
私や妻は教えていないけれど、3歳なのに頑張ってまねしている。
テレビの中でマルモのおきての音が聞こえると、録画映像を見ると主張して泣いてしまう。
保存した映像を見せるとエンドレスでずーっと休むことなく見続けている。
親なので、テレビの映像を見てばかりよりは本を読んだり、おもちゃで体を使って遊んだりしているのがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも自分の為でもあると思う。

騒がしく自転車をこぐ兄弟と突風
石田衣良という物書きに魅せられたのは、愛ちゃんの部屋で。
「愛がいない部屋」というタイトルの短編がぎっしり詰まった文庫本が彼女の部屋にあったから。
古里の岩手の愛ちゃんのママが読んでいて、それをお米や果物と一緒に箱詰めにして宅配便で送ってくれたようだ。
その時はまだまだ有名でなく、世に知れていなかった石田衣良さん。
彼女は普段自伝やビジネス、マナー本などは読む。
だけど、俗にいうストーリーものは読む気がしないそうで、この本、私にくれるという。
愛のお母さんは、何を考えながら、この本を手に取ったのだろうか。

湿気の多い週末の午前は歩いてみる

とある寒い日、少年はママからおつかいをお願いされ、白菜とねぎと豚肉を買いにいく途中だった。
少年はこっそり笑った。
晩御飯はしゃぶしゃぶだ!いやっほぅ!…と。
だが、事件は次の瞬間に起きた。
なんと、ズボンのポッケに入れていたお使い用の2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーマーケットのレジに並んでいる時、念のためズボンのポッケに手を突っ込んで確かめてみたのだ。
そして、その瞬間、お金がどこにも無いことに気が付いたのだ。
怒られるのを承知で、少年はしかたなく手ぶらで家に帰ることにした。
次回から、お金はクツかくつ下に入れとこう。
少年はこぶしを握り締め、そう心に決めた。

涼しい火曜の昼にゆっくりと
何年か前、まだ20歳の時、仲良しの3人で韓国のソウルに旅に向かった。
初の国外で、ホテルにしばらくの滞在だった。
繁華街をいっぱい歩いて、はしゃいでいたけれど、しだいに道に迷ってしまった。
日本語は、浸透していないし、韓国語も全く通じない。
パニックになっていると、韓国の男性が充分な日本語で道を説明してくれた。
何年か横浜に留学して日本文化の勉強をしたとのこと。
そのことから、無事、素晴らしい旅を続けることができた。
次の日、駅で道を案内してくれたその人になぜかばったり会った。
「またきてください」と言われたので、私はこの国が好きになった。
いつも長期休暇には韓国観光が恒例だ。

陽気にお喋りする子供と失くしたストラップ

江國香織さんのストーリーに出てくる女の人は、陰と陽を持っていると思う。
旦那意外との恋愛を悪としない。
遊びと、心底好きなのは旦那さんだけのただ一人。
このような女の人たちが多いような気がします。
不倫を陰だと置くと、本命は陽。
たまに別人が入ったように陰が襲ってくる。
不倫に対する善悪は置いておいて、登場する主人公を見つめる。
私の中に新たな愛や新たな価値観が登場することもたまにある。

熱中して歌う先生と突風
暑い季節っぽいことをこのシーズンはやっていないが、同僚と今度、コテージをかりて炭を使ってバーベキューをやる。
夏のお決まりだけれど、日常から離れ、息抜きになる。
男手が二人なので、大変色々となんやかんや準備をしないとな。
特に、炭の準備が、女の人は不得意な人が多いので、してあげないと。
但し必ず全員でお酒をがぶがぶ飲むその時は、お酒をがぶがぶ飲まない様に注意しよう。

ぽかぽかした大安の午前は足を伸ばして

切り絵やフォトといった芸術が嫌いではないし、絵も自信があるのに、撮影がとても苦手だ。
それでも、かつては上機嫌で、キャノンの一眼を持ってた時期もあって、どこに行くにも持ち歩いたりした。
面白いほど焦点が合わないし、センスのない配置なので、一眼が説教してきそうだった。
けれど、カメラや現像はどう考えても、面白いと思った!

そよ風の吹く祝日の深夜に散歩を
毎年、雨の多い梅雨の時期がなぜか好きだ。
部屋の中はじめじめしているし、外出すると雨に濡れるけど。
それは、小さいときに、雨の日に見たアジサイが可憐で、それ以来あじさいが咲くのを楽しみに待っている。
九州長崎で知り合い付き合い始めた、シーボルトと瀧のアジサイデート秘話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れて日本へやってきた、医師のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と話した。
梅雨に可憐に咲く紫陽花を見て何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
それが訛って、紫陽花はおた草と別名を呼ばれるようにもなったらしい。

気持ち良さそうに踊る弟とよく冷えたビール

夏休みが半分ほどたった頃の夕方。
「缶蹴り」で鬼をしている少年は、とてもお腹を空かしていた。
捕まえても捕まえても、缶をけられてみんなが逃げるので、もはや今日の缶けりは終わらないんじゃないかと、逃げていく友達の背中を見ていた。
クタクタにつかれて家まで戻ると、ドアを開ける前に、今日の夕飯が何かわかった。
とびっきり美味しそうなカレーの匂いに、少年は幸せな気持ちになった。

蒸し暑い日曜の明け方はひっそりと
普通、アパートで個人的に行えるような仕事して、たまに声があると外に仕事に参加する。
たった、何回かだけど、まじで億劫に感じて仕方ない。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうなど。
参加すれば頑張るけれど、多くの人に囲まれて、みんなで業務を成功させるのは難題だ。
本気で母に持ちかけると、言いたいことは分からなくない、とクスクス笑っていた。

サイトコンテンツ


サイトコンテンツ


花花

Copyright (C) 2015 コーラとお茶で乾杯するキャンプ All Rights Reserved.