コーラとお茶で乾杯するキャンプコーラとお茶で乾杯するキャンプ

「劇団員」について本や論文を書く事になったら、どういったことを書く?「感動」の由来や歴史なんかだろうか。それとも、自分独自の観点からくる意見だろうか。
涼しい休日の昼に食事を

涼しい休日の昼に食事を

南九州の少しお歳の女性は、いつも毎日、草花を墓にしているから、そのために、切り花が多く必要で、花農家も山ほどいる。
夜更けに、マイカーで爆走していると、菊の為のの光源が頻繁に夜更けに、マイカーで爆走していると、菊の為のの光源が頻繁に目に入る。
民家の光はめっちゃ少ない農村だけれども、しかし、電照菊照明はしょっちゅう目につく。
菊の為の光はよく目に触れても人の通行はめちゃめちゃちょっとで街灯の光もものすごく少なく、危ないので、学生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている子ばかりだ。

前のめりで自転車をこぐ友人と失くしたストラップ
スイーツがとっても好みで、バウンドケーキやだんごなどを自分でつくるけれど、子供ができて作るものが制限されてきた。
私と妻がとても楽しみながら口にしていたら、娘がいっしょに欲しがることは当たり前だから子供も食べられるものを私がつくる。
自分は、激甘なケーキがすごく好きなのだけれども、しかし、娘にはチョコ系のケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが健康にもいいと考えているので、砂糖をひかえてつくる。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、非常につくりがいがあるし、またつくろうと思う。
このごろ、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

風の無い月曜の晩はビールを

辺ぴなところに住んでいたら、ネットショップでものがお手軽に買えるようになったのが、とても簡単だ。
その理由は、大型の本屋が市内に一軒しかなくて、品ぞろえも悪いから、手に入れたい本も手に入らないからだ。
取り寄せるよりはオンラインショップで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分かかるからすごくめんどくさい。
ネットショップに慣れたら、本以外もネットで購入するようになった。
他のものもネットショップで手に入れるようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安価だし、型番商品は確実にネット購入だ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

気どりながらお喋りするあの人と突風
打ち上げ花火の時期だけど、しかし、住んでいるところが、リゾート地で毎週、花火が上がっているので、もう嫌になってしまって、新鮮さもなくなった。
毎週末、打ち上げ花火を打ちあげているので、苦情もどっさりあるらしい。
自分の、住居でもドンという花火の音が大きくてひとり娘が怖がって涙を流している。
たまにのことならいいが、夏期に、週末の夜、長い時間、大きな音が鳴り続けていては、むかつく。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

悲しそうに吠える弟と私

よく一緒にいる知佳子は頭がキレる。
頭が良いんだろうなーと感じる。
とりあえず人を悪く言ったりはしない。
ん?と思っても、とりあえずその人の気持ちを重視する。
このことから、どんどん考えが広がるし、強くなれるのだ。
考えを押しとおす事より、この方が彼女にとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、経験を経験値にするやり方をとても理解している。

息もつかさず体操するあの子と失くしたストラップ
「嫌われ松の子一生」という番組が放送されていましたが、好きだった人も多かったと思います。
実際に、番組は見ていなかったのですが、中谷美紀の主役で映画が公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが恵まれてるとは言えない環境にて生活しながらも、幸せに暮らしています。
松子以外から見れば、不幸かもしれないけれど夢を捨てません。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
すごく、好感を感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、そうなるといけない事のように感じる。
などという、謎の状態に陥っていた当時の私は、放送中悩みなんか忘れていました。
それくらい、明るい映画なので、見ていただきたいです。
キャストの、中谷美紀さんは、先生役でも、中洲のソープ嬢でも、理容師でも、なんでもはまってました。

自信を持ってダンスする姉ちゃんと飛行機雲

買い求めた仕立てるために必要な布で、園に2週間後から通う子の必要な袋を作らなくてはいけない。
というか妻が裁縫するんだけど、しかし、私も嫌いではないので、時間がかかるようだったら手伝おうと思う。
決まったものを入れる袋が幼稚園に通うのに必要らしい。
ミシンもいよいよ家に届いた。
使用感も感じてみようと思う。

陽気に話す姉ちゃんと紅葉の山
仕事の待機中の暇つぶしに、彫刻の森美術館に入館して以来、あの静けさに病みつきだ。
びっくりしたのは、一人でのんびり見にきている方も多かったこと。
それからは私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展がとてもそれからは私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、企画展示がとても海の見える横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の展示がたくさんある。
どんな方かと言ったら、まさに週刊誌、新潮の表紙絵の芸術家だ。
他にも、栃木県にある、竹久夢二の美術館で、たくさんポストカードを買った経験も。
そんな感じで、美術にはなにかと魅力的な時を楽しませてもらっている。

気分良く話す母さんと花粉症

毎晩、グラスビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近、その後にワインも飲んでいる。
もちろん、その後に接待のような仕事をしないときに限るけれど。
横浜にいた時に、マンションの近くで酒屋を見つけて、父の日のために買ったことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円くらいのワインを探しています」なんて言って。
家族にプレゼントした、ワインが一万円することをついつい言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
その他の感想はないようだった。
このことから、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
あー最高だと感じる時間の友だったら、金額や質にはこだわる必要は、今のところない。

そよ風の吹く祝日の早朝はひっそりと
8月に、那覇へ仕事に出かけた。
もちろんめっちゃあつい!
薄い上着の上から、スーツの上。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツの背広はメチャクチャに。
宿にまで着いて、上着をBODY SHOPの洗顔で洗濯した。
翌日ジャケットは桃の香りが続いた。
スーツが痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗うべきだと心に決めていた。

サイトコンテンツ


サイトコンテンツ


花花

Copyright (C) 2015 コーラとお茶で乾杯するキャンプ All Rights Reserved.