コーラとお茶で乾杯するキャンプコーラとお茶で乾杯するキャンプ

例えば、地球のことを知らないエイリアンに「豚の角煮」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「ハイボール」の特徴とか、ううん、まずは世界や日本についての説明から始めるのかな。
怒ってお喋りする先生とあられ雲

怒ってお喋りする先生とあられ雲

少年はたいそう空腹だった。
もうじき夏休みという頃、小学校から早足で下校していた。
蝉はもう騒がしく鳴いていて、日差しは強く、夕方なのにまだまだ陽は高かった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日は大変空腹なので、早く帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べたいのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋に少し残っていた気がする。
ご飯もたぶん、残ったのが冷蔵庫に入っているはず。
少年は期待をこめて、早足で家へと向かった。
すると体中に、汗がますます出てきた。

前のめりで口笛を吹く先生と僕
スタートさせたら、完璧に仕上がるまで時間がかかるものは、世の中にたくさんある。
代名詞は、他言語だろうとみている。
と言いつつ、お隣の韓国の言葉は、まれに、母国語である日本語と同じく、SVOで、その上に発音がそっくりなので、習得がわりと容易だそうだ。
しっかり韓国語を特訓していた友人曰く、英語よりはわりと学びやすいのでお勧めとの事。
そうと聞いたらテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、独特な韓国語の文字は記号にしか見えない。

息もつかさず踊る友人とオレ

昔、両親は、私の人付き合いに対ししつこく積極的であることを強いてきた。
一般的より離れてはいけない、とか。
とっても暮らしにくい時期だったと思う。
一日が過ぎると、ほぼ毎日偽りの自分を嬉しそうに両親に伝える。
すると、喜んでくれるのだ。
周りと変わったことをすると、好かれない。
常にこれだけ頭にあった昔の私とお父さんとお母さん。
切ない話だと今は感じる。

ぽかぽかした日曜の深夜に料理を
ツアーでも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
縁があるのは、港町である釜山。
観光ももちろんだが、特に女性は化粧品や小物など興味を持っている方も多数だろう。
韓国では見かけへのこだわり、つまり外見を磨くことへの力は素晴らしいといわれる。
面接や、パートナー選びの際に、日本よりもあからさまに判断するシチュエーションが多いとか。
お国柄か、韓国製の基礎化粧品は、肌に良い成分が日本の物より多く含まれているらしい。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待できるのではないだろうか。

夢中で泳ぐ兄さんと気の抜けたコーラ

たしなむ程度の酒のお供に、ヘルシーで体に良い食材を!と考えている。
最近の酒の友は焼いた葱。
それ以前はさんま。
それにも飽きて、直近ではウナギだけれど、お金がかさむのでそれも辞めた。
昨日、新たなおつまみを発見した。
だいたい90円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、オリーブオイルで炒めて、みりんと塩を少々ふりかけて整えたもの。
大分料金は低いし、KCALも低い気がしませんか。

どしゃ降りの休日の夕方に外へ
オフィスで話すようになったお姉さんがいる。
今までに出会ったことのないような女性で、トークの内容がいつも興味深かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
ベビーシッターの免許、潜水士の資格、通関士。
観光英語検定1級、調理師免許、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士まで持っていると噂。
さすがにこのことを幼馴染に話したら、君の聞き間違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の専務と結婚し寿退社していった。

ゆったりとダンスする友人と夕焼け

「今日の夕飯はカレーよ。」
少年はお母さんのその発言を耳にした途端、思わず笑みが浮かんだ。
少年は小学校から帰宅して、ソファーに寝転がってテレビを見ていたところだった。
今日は西日が暑い。
窓辺では風鈴がときおりチリリンと音を立てていた。
TVでは、かつてのなつかしアニメを再放送していた。
今日のアニメは「一休さん」をやっていた。
こんなにも頭のいい男の子が今いたら、学校のテストなんて簡単なんだろうな、と少年は感じていた。
だけど、コトコト煮えるお鍋からカレーの香りが居間まで漂ってきた時、少年はアニメのことは頭から吹っ飛んでいた。

喜んで泳ぐ姉妹と失くしたストラップ
なにかしらおくりものを決めなくてはと考えている。
結婚記念日がもうすぐで、妻に何かしらおくりものを渡したいけれど、とても良い案が思いつかない。
嫁になんか手に入れたいものがあればいいのだが、たいして、欲しがるものがないので、欲しい物が見当たらない。
しかし、秘密でなんか考えてサプライズをしたい。

具合悪そうに体操する姉ちゃんと霧

ちいさいころから、本は好きでしたが、何気なく、親が買ってくる本や図書室にある本を読んでいました。
本当に自分の意志で進めるようになったのは、高校生のとき。
学校で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
ストーリーは、付き合っている人を亡くした主人公の、高校のときの思い出からの幕開けです。
恋人と死別してしまう経験なんて当時も今も、ありません。
しかし、高校時代の私に主人公の絶望かぶってしまいました。
今までにない気持ちでした。
主人公と、当時の私の年齢が近かった事、それもあってだと思います。
読んだ帰りに、それを購入したのが本購入の初めての体験です。
ムーンライトシャドウは、「キッチン」の中の一つのお話です。
ずいぶん前の作品ですが、ずっと人気のある素敵な本かもしれません。

寒い火曜の早朝にお酒を
近頃は、近所の釣り場におもむいていない。
日々の業務でめちゃめちゃ忙しく行けないというのもあるけれど、めちゃめちゃ暑くてきついから、出かけづらいのもあることはある。
それに加え、通りがかりで近くの釣り場を見ていてもがんがん釣れている気配が全然ないから、絶対に出かけたいとは寂しいが思えない。
とても回遊魚が釣れていたらそわそわして行きたくなるだろうな。

サイトコンテンツ


サイトコンテンツ


花花

Copyright (C) 2015 コーラとお茶で乾杯するキャンプ All Rights Reserved.