雑学

クールビズではボタンの一番上はとめる?開ける?ビジネスでのマナーについてのまとめ

目安時間 9分
  • コピーしました

クールビズが浸透してきているとはいえ、

ビジネスシーンではマナーを守って着こなす必要があります。

 

さて、このクールビスの中でシャツのボタンを

開ける・閉めるというのは気になるところではないでしょうか?

 

今回の記事ではクールビズでのボタンをどうするかについてまとめました。

クールビズではボタンの一番上はとめる?開ける?

夏場になると、「暑さ対策・より効率的に仕事ができるように」

ということでクールビズが導入されるところが増えてきましたね。

 

そんなとき、男性社員の気になりどころとしては、

ワイシャツ、ポロシャツなどの一番上のボタンは閉めるのか、ということがありますね。

 

厳密に言えば、どちらでも大丈夫なのですが、

仕事という側面から考えてみましょう。

 

まず、第二ボタン以降を開け放つのは、一般的なマナーとしてもNGですね。

 

しかしながら、夏の暑さ対策としてのクールビズですので、

通常の形のワイシャツ、喉元までボタンのあるポロシャツなら、

一番上のボタンは外していてもOKです

 

ネクタイをする際にも、ワイシャツの一番上のボタンが苦しいため、

そこは外して、ネクタイはしっかりつけるという場合もあるので、

それと同じかと思います。

 

ただし、世代やものの考え方などもありますので、

相手や場面によって、閉める、開けるを使い分けた方がいいかもしれませんね。

 

何にせよ、仕事上はきちんとした服装を心がけることが大切です。

クールビズではボタンを開けるのはOK or NG?

クールビズで上着なしでノーネクタイなど軽装で仕事をすることが多いとみられます。
そのときに、カッターシャツやポロシャツのボタンは開けてもいいの?と、

疑問に思う方もおられるかもしれませんね。

結論からいえば、一つ目のボタンは開けていてもほぼ問題ありません。

改まった場面でも開けていることが多数派であるのも事実です。

 

しかし開けるのは一つ目だけにとどめておかないとだらしなく見えてしまいます。

開けるならば一つだけにしておく方がいいでしょう。

しかし中には暑がりだったり汗かきな体質の方もおられ、

その場合はもっと襟を開けておきたいと思う方も一定数いると思われます。

 

そんな場合は開襟シャツですと、

元々一つ目のボタンがないので開いた状態になっており涼しく過ごすことができます。

 

また、ポロシャツであれば元々ボタンの数が少ないので

ボタンをとめずにそのまま着るというのも手段の一つです。

要するにはTPOの問題ですので、

外部の人と関わらなかったりすればその際は多少ボタンを開けて涼しく仕事をする。

人前に出るときは開けるボタンは一つだけにする、というのも一つの考え方です。

クールビズではボタンはどこまで開けていいの?

いつもはパリっとスーツで決めている姿から

クールビズ姿で雰囲気が変わって新鮮な気持ちになることもあるでしょう。

 

そんな、クールビズですが、ワイシャツやポロシャツのボタンは、

どこまで開けるのがよいのでしょうか。

 

基本的には、第一ボタンを開け、

第二ボタンからは閉めるというのがよいだろうと思います。

 

ワイシャツの下には、白やグレーのVネックのTシャツを着ることが多いと思いもいます。

もし第二ボタンまで開けてしまうと、

そのインナーのVネックのTシャツのVの頂点に当たる部分が見えてしまうからです。

 

ちらっとでも見えてしまうことで、ビジネスという状況では、

やはりだらしなく見えてしまうでしょう。

 

また、清潔感が重要なクールビズにおいては胸元は隠しておくべきだからです。

これは、当然ながら女性も同じです。

 

胸元が大きく開いた服装はビジネスでは相応しくないですね。

クールビズではボタンダウンはマナー違反なの?

クールビズになったときの男性の服装が気になる、という女性も多いでしょう。

服のデザインやセンスだけでなく、

洋服の特性やマナーを抑えた着こなしかどうかという点だったりします。

 

やはり場面によるマナーを守ることは大切ですよね。

 

最近では、スーツスタイルでのオシャレやデザインの多様化がみられるので、

そういったことを気にする人は少なくなりました。

 

しかし、ボタンダウンシャツは、

本来はスーツでネクタイを締める場合には用いない、というマナーがありました。

 

ボタンダウンシャツは、ややカジュアルなものなので、

「フォーマルな場には適さない」という考え方です。

 

そのため、フォーマルなクールビズには適さず、

「商談や営業などがない状況での社内のみのクールビズならOK」

という分類がよいと思われます。

 

しかしながら、近年では、クールビズ自体が多様化していることから、

ボタンダウンタイプのポロシャツやワイシャツも一般的なアイテムになりつつあります。

 

時代や状況によってマナーや考え方も変わってきているのでしょうね。

とはいえ、状況によってしっかり使い分ける、配慮ある大人でありたいものですね。

クールビズで就活するときのボタンについて

夏場に就活をする際、最近では就活生でもクールビズを可にしている企業も増えてきてます。

社会全般的にクールビズが推奨・推進されているのでしょう。

しかしクールビズの場合、シャツのボタンは留める方がいいのか、

それとも外していてもいいのかどうか迷う方もおられるかもしれませんね。

基本的には、第一ボタンまできちんと留めておく方が無難です。

 

もし第一ボタンを留めて首が苦しい場合は

シャツのサイズが合っていないことが多いです。

 

第一ボタンまで留めてもなお快適であるよう、

シャツ選びから慎重に行うといいでしょう。

また、就活の場合はボタンダウンのシャツは避けておく方が無難です。

実際のビジネスではボタンダウンのシャツを着て仕事をしている人も少なくありません。

 

しかし、ボタンダウンはあくまでもオフィスカジュアルの範囲です。

就活生の場合はフォーマルなスタイルの方が望ましいとみられるため、

ボタンダウン以外のシャツを着るようにするといいでしょう。

暑い季節の就活は大変ではありますが、

服装もきちんと選べば快適に過ごすことができ、

就活の成果も上がりやすくなる可能性もあるのです。

まとめ

今回の記事ではクールビズでのシャツのボタンをどうするべきかについてお伝えしてきました。

 

シャツのボタンは開けるなら一番上までで、

それ以外のボタンは閉めるというのが今のスタンダードです。

 

今後変わるかもしれませんが、

今のマナーとしてはこれが無難です。

 

服装で相手にマイナスのイメージを与えてしまわないように気を付けたいですね。

 

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • コピーしました

   雑学   0

この記事を書いた人

シゲキ
シゲキ

一人暮らしをしていると、家のコトは全部自分でやらなければいけません。ただ、わからないことがあっても聞ける人がいないのでネット中心にリサーチしています。リサーチして実践してみて便利だなと思ったことをお届けしていきます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: