雑学

残暑見舞いのハガキを写真付きで自作するときのコストや方法、例文のまとめ

目安時間 7分
  • コピーしました

残暑見舞いで送るはがきを自分で作ってしまおうと考える方も多いと思います。

一昔前であればポストカードか手書きで自作するくらいしか方法がありませんでしたが、

今ではパソコンで簡単に作ることができはがき作成用のソフトもたくさんあります。

 

自分で印刷までするときと業者に頼んだときでのコストの違いや

作るときの注意点が気になるところなので、今回の記事でまとめてみました。

残暑見舞いの写真付きはがきを作る方法

残暑見舞いを送るはがきを自分で作ろうとした場合、

自宅でパソコンとインクジェットプリンターで自作する方法と、

専門業者に依頼をする方法に分かれます。

 

コスト面でお得な方を選びたいと考える方は、

目安はあるので事前に知っておくことで損をしない残暑見舞いを送ることができます。

 

まずはパソコンとインクジェットプリンターで自作をする方法では、

メーカーや機種による違いはあるものの、

1枚当たりで掛かる費用は表と裏面を印刷する際には約11円で作成することが可能です。

 

この数値はインクジェットプリンターのメーカーが

目安として提示をしている数字になるので誤差は少ない傾向にあります。

 

一方で印刷業者に依頼をする方法では、

50枚までに限定をした場合は1枚当たりの単価は約104円です。

 

この枚数では自作の方がお得になりますが、

印刷業者の場合は枚数が増える度に単価を下げるサービスを行っていることが多いです。

 

100枚を事例にすると約95円になるので作成するはがきの枚数によって

自作か業者を使うかを決める方法であればコストカットに成功できます。

残暑見舞いのはがきを手作りする方法

8月も中旬になると、暑さに疲れて食欲が落ちたりしますよね。
そんな時、知り合いから残暑見舞いのはがきが届くと、少し元気が出ます。


市販のはがきでも嬉しいですが、

心を込めた手作りのはがきというのも風情がありますよね。


そんな手作りのはがきを作る方法、

手作りをするときの注意点を解説します。


◆紙を選ぶ
今は100円ショップなどで、はがきサイズの和紙などを購入できるので便利です。
絵を書いたり、千代紙やセロファンで貼り絵にするなど、

手作りで清涼感のあるはがきに挑戦するもの良いですね。


◆紙を作る
はがきサイズの紙漉きセットなども安価で購入することができます。
はがきを受け取った人の、喜ぶ顔を思い浮かべて制作するのも楽しいひとときです。


□はがきを手作りするときの注意点は「サイズ」と「重さ」です。
<サイズの注意点>
一般的なはがきのサイズは10cm×14.8cmです。

はがきの郵便料金は63円です。

63円で送れる最小サイズは9cm×14cm、最大サイズは10.7cm×15.4cmです。
この範囲内でないと送れませんのでご注意ください。


<重さの注意点>
規定の重量は2g~6gです。
せっかくの手作りはがきなので、

サイズと重さには注意をして素敵なはがきを親しい方へ届けましょう!

はがきで送るときの例文

残暑見舞いを送るとき、書き始めに悩まれている方もいるのではないでしょうか。

はがきで残暑見舞いを送るときの例文をご紹介したいと思います。

残暑お見舞い申し上げます。
堪え難い連日の暑さにいささか参っておりますが、

皆様はお元気でお過ごしのことと存じます。

私どもは夏期休暇を利用して○○へ出かける予定です。
うだるような暑さから開放され、しばし涼風に憩えることを今から楽しみにしております。

出典:筆ぐるめ

 

残暑お見舞い申し上げます
立秋を過ぎてもなお暑い日が続いておりますが、

皆さま、お元気でいらっしゃいますでしょうか。


お伺い申し上げます。お陰様で、わたくしたち家族全員、

夏バテもせずつつがなく暮らしております。

夏のお疲れが出るころですので、

どうぞお身体にはお気をつけて健やかにお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

出典;手紙の書き方

 

上記の例文のような順序で書くと自然にまとまります。
1,時候の挨拶
2,相手の健康を気遣う言葉
3,自分の近況報告
4,結びの言葉
残暑見舞いのはがきを送るときはこのような構成を意識すると書きやすいです。

例文を参考にしながら、素敵なはがきが出せると良いですね。

はがきの購入先・購入方法

はがきの購入先といえば、郵便局が真っ先に思いつくかもしれませんが、

今では色々な購入先があります。
ここでは、はがきの購入先と購入方法を紹介します。


1)郵便局
郵便局の窓口に行けば、残暑見舞い用のはがき(かもめーる)や季節の切手など購入できます。
郵便局には、ネットショップもありますので、気軽にインターネットからの購入もできます。

 

2)手ECモール
・Amazon
・楽天
・Yahoo
などネットからも購入できます。
官製はがきや私製はがきを使った残暑見舞い用のはがきが選べます。
シックなデザインから可愛いデザインまで豊富な種類がそろっています。

 

3)はがき印刷サービス
自分の好きな写真や画像を使ってオリジナルの残暑見舞いを作れます。
もちろん、写真ではなくイラストデザインのはがきもあります。
宛名印刷のサービスも併用すると非常に便利です。
・おたより本舗
・挨拶状ドットコム
・富士フィルム


たくさんのはがき印刷サービスがあるので、

自分好みのデザインを探してみてください。

まとめ

今回の記事では残暑見舞いのはがきを自作するときのことについてお伝えしてきました。

何枚作るかによって、業者に頼むときには費用が変わってきますので、

作業の手間と費用のバランスを考えてどちらにするか決めたいですね。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • コピーしました

   雑学   0

この記事を書いた人

シゲキ
シゲキ

一人暮らしをしていると、家のコトは全部自分でやらなければいけません。ただ、わからないことがあっても聞ける人がいないのでネット中心にリサーチしています。リサーチして実践してみて便利だなと思ったことをお届けしていきます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: