雑学

残暑見舞い申し上げますの意味や使う時期や期間とは?残暑見舞いに対する返信内容の例文

目安時間 7分
  • コピーしました

昔からの習慣では、実際の気候と暦が違ってわかりにくいことありますよね。

普段の生活ではあまり使わないので、

暑い季節だけを見ても、暑中なのか残暑なのかきちんと把握できていません。

しかし、大人のマナーとしてわからないままにはできない状況になることもあります。

 

今回の記事では残暑見舞いの、意味や使う時期や期間、

いただいたときの返信内容の例についてまとめました。

残暑見舞い申し上げますの意味とは?

暑い夏の季節。

親しい方やお世話になった方に残暑見舞いを送る方も多いと思います。
その残暑見舞いの意味を詳しく説明できますか?

 

そもそも残暑とは、暦の上で立秋を過ぎた頃に暑さが残る状況を指す表現です。
立秋とは、毎年変わりますが、8月7~8日とされています。

 

立秋の前に送る挨拶は「暑中見舞い」。

立秋以降は「残暑見舞い」と呼ばれます。

一般的には立秋から8月いっぱいが残暑見舞いの期間とされますが、

近年の夏のように暑さが長引く時は9月に入っても残暑とすることもあるようです。

 

なかなか終わらない暑さを見舞うことで

少しでも相手に涼しさを感じてもらいたいものですね。

もともと日本には、お盆と正月の時期に贈答品をもって挨拶に回る習慣がありました。
それが変化して、近年では暑中見舞いや残暑見舞いとして、はがきを出すようになりました。

 

そのため、残暑見舞いを送る時は、相手への気遣いの気持ちと共に、

送る側の近況報告も行うと、より良いのではないかと思います。

残暑見舞い申し上げますを使う時期や期間

残暑見舞いとは、立秋を過ぎ、暦の上で秋を迎える時期に出す挨拶状のことです。

しばらく会っていない知人や親戚の健康への気遣いや挨拶を兼ねています。

 

また、自分達の近況報告のために送ることもあるでしょう。

その冒頭部分に「残暑見舞い申し上げます」といった挨拶が用いられます。


そもそも「残暑」とは、秋になってもまだ暑さが続いている時期を意味しています。
暦の上で秋の始まりを意味する立秋は、

8月7日から8日頃となっていて、その年によって日にちが変わります。

 

実際はまだまだ暑い時期ですが、

日がだんだんと短くなり、朝夕になると秋の気配が感じられるというのが立秋です。

一般的に残暑見舞いは、立秋から8月いっぱいまで送るものとされています。

そのことから、8月7日頃から8月31日頃まで

「残暑見舞い申し上げます」が用いられると考えましょう。

 

また、残暑見舞いは、どんなに遅くても9月7日頃の処暑の候まで届くように送るようにします。

残暑見舞い申し上げますと言われたときの返信内容や書き方

近年はラインなどが主なツールとなって、

正式にハガキで残暑見舞いをいただくことは少なくなったかもしれません。


だから、ふと夏のご挨拶をいただいてしまって返信しようと思った時に、
「なんて書いたら良いのだろう…。」と真剣に考えてしまうことがあります。


最近は残暑見舞いも堅苦しくはありませんが、
もし何かルールがあるなら知っておきたいところです。


暑中見舞いは「夏真っ盛り、暑いですがお元気ですか。」
残暑見舞いは「暦は秋になったのに、暑いですね。」というお見舞いです。


本来は、暑中見舞いのお返事として残暑見舞いを出し、
残暑見舞いをいただいた場合のお返事としては、ふつうのお手紙で返す習慣がありました。


ですが近年はずいぶん気楽になり、

残暑見舞いをもらっても残暑見舞いで返すことも多く、あまり気にされていないようですね。

 

ですから残暑見舞いをいただいた場合のお返事は、

先にお見舞いをいただいたお礼と相手へのお見舞いを書くということになります。

 

まず大きく「残暑見舞い申し上げます。」と文頭に書きます。
それから「この度は、お見舞い状をいただきありがとうございました。」

などの、いただいたハガキへのお礼を伝えます。


残暑見舞いは「お見舞い」するものなので、
「みなさまお変わりありませんか。」などの、相手の近況について伺うような文。


それから「私はこの夏は○○しております。」などの、自分の近況について触れるような文。
そして最後には、「まだまだ暑いので、くれぐれもご自愛ください。」と、
相手の体を気遣う文などで終えるとよいでしょう。

 

そして、最後に日付です。
暑中・残暑見舞いは、お盆の里帰りの際に、
お世話になっていた人に贈り物を差し上げていた習慣が、
簡単になってハガキに変わって行ったものと言われています。


多少ルールはありますが、

相手への感謝と健康を祈る気持ちをのせて文面を作れば、

失礼になることはないのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では「残暑見舞い申し上げます」の

意味や使う時期などについてお伝えしてきました。

 

お世話になっている方へのご挨拶として使われるもの。

近年では暑い季節が長いので、

残暑の期間が長くなりますから使いかたを間違えないようにしたいですね。

 

SNSやメールなどが手軽に送れて便利ですが、

お世話になった方にはお手紙でご挨拶していきたいですね。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

  • コピーしました

   雑学   0

この記事を書いた人

シゲキ
シゲキ

一人暮らしをしていると、家のコトは全部自分でやらなければいけません。ただ、わからないことがあっても聞ける人がいないのでネット中心にリサーチしています。リサーチして実践してみて便利だなと思ったことをお届けしていきます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: