雑学

残暑見舞いの贈り物をするときのマナー。贈る時期やもの、目上の方への失礼のないマナーをきちんと知ろう!

目安時間 9分
  • コピーしました

残暑見舞いに贈り物をするときのマナーをきちんと把握していますか??

このマナーが守れていないときは、せっかく贈り物をしても相手に対して失礼にあたることがあります。

 

残暑見舞いに限らず贈り物をするとNGなものがあります。

また、残暑見舞いは季節の挨拶になりますので、相手が受け取る時期についても決まりがあります。

 

それでは以下より詳細をご確認ください。

残暑見舞いに限らず贈り物をするときの全般的なマナー

贈り物が届くとワクワクしてとても嬉しい気持ちになります。
残暑お見舞いにハガキではなく、何か品物を贈りたい方も多いのではないでしょうか。
せっかく送るなら相手に気持ちよく受け取ってもらいたいものです。


そこで大切になるのがマナーです。
贈り物をするときの全体的なマナーをご紹介します。


まず最初は贈る品物についてです。
贈るにはあまり相応しくないと言われる品物があります。


例えば縁を切ることを連想させる「刃物」や「苦」「死」を連想する「くし」などです。
最近ではあまり気にしない方も多くなってきましたが目上の方に送る時は一度確認するようにしましょう。
そして何より相手の好みなどを考えて品物を選ぶことが大切です。


次は渡し方です。
直接渡す場合にも送る場合にも必ず相手の都合に合わせることが大切です。


直接渡す場合は必ず事前に連絡を入れましょう。
贈り物は紙袋や風呂敷に入れて持参します。


相手宅で渡す場合は紙袋から出して渡し紙袋は持ち帰りますが、

外出先の場合は紙袋のまま渡します。


相手のことを考えて臨機応変に対応するのが大切です。
最後にその品物が何の贈り物か分かるようにするのを忘れてはいけません。
必ず手紙、熨斗をつけて相手が困惑しないようにしましょう。


マナーは相手を気遣う気持ちです。
相手を思う気持ちと一緒に贈り物を送りましょう。

残暑見舞いに限らず目上の方へ贈り物をするときのマナー

日頃お世話になっている方や、

遠方にいてなかなか会えない方へ品物を贈ることもあります。

自分より目上の方へ贈り物をする場合は、特に失礼のないように注意しましょう。


まずは、目上の方へ避けた方がよい贈り物の具体例を紹介します。

 

1)靴下、スリッパ、靴などの履き物
これらは、足で「踏む」ことを意味する品物なので、

相手を「踏む」「踏みつける」という意味を表します。


2)下着、靴下
これらも少し似たような意味になりますが、

「下」に着用することから、相手を「下」に見る、「見下す」という意味を表します。

 

3)万年筆、ボールペンなどの文具、時計
一見、贈り物として定番のように思えますが、

目上の方への贈り物となると気を付けた方がよい品物です。
これらは、「勤勉」「勉強」をイメージさせるため、

相手に「もっと学びなさい」「さらに努力しなさい」という意味を表します。


4)ハンカチ
贈り物の定番の品物ですが、ハンカチには「手切れ」という意味があります。
相手と縁を切る、というマイナスな意味がありますので、

特にお祝い時の贈り物には避けた方がよいかもしれません。


5)現金、金券
品物よりも現金や金券の方が、相手の好きなように使ってもらえるので良さそうに感じます。
目下の方へ贈る分には問題ないのですが、

「お金が足りないですよね」「お金に困っていますよね」という意味を含んでしまうので
目上の方への贈り物としては注意が必要です。


6)包丁
ハンカチと同様に、「切る」意味があるので「縁を切る」というマイナスの意味を表します。
結婚式などでも避けるべき品物ですが、目上の方への贈り物としても避けた方がよいでしょう。

 


さらに、目上の方への贈り物をする場合は、「のし」紙をつけましょう。
贈り物は、相手が欲しいもの、喜んでくれるものを贈るのが一番です。


もし、相手の方が上記のような品物を希望していた場合は、

品物と一緒に「失礼にあたるのは承知しておりますが~」のような
お手紙を添えると気持ちが伝わります。

残暑見舞いの贈り物をするときの時期はいつからいつまで?

お中元を贈り忘れてしまったという方もまだ間に合います。

残暑見舞いを贈ってみませんか?

 

残暑見舞いはいつからいつまでに贈ればよいのか、

贈り物をするときの時期を調べてみました。

1,残暑見舞いの時期
8月7日頃(立秋)~月末にかけてです。

立秋は年により多少前後します。

 

2022年では8月7日が立秋です。
暦の上で秋に変わり始める頃が残暑見舞いの時期にあたります。

2,住む地域によって残暑見舞いの時期は違う
最近ではインターネットで贈り物を選ぶ方も多く、

残暑見舞いの時期に地域差はないとうたっています。

ただ東日本と西日本では新盆と旧盆の2種類の期間があり、

それに合わせてお盆のしきたりをする方もいます。

四国出身の私も子どもの頃、祖母の家でお盆を過ごしました。

伝統を大事にする祖母は8月中旬頃にご先祖さまにしっかりと挨拶をしていました。

目上の方に贈り物をする場合は時期に気をつけた方が良いかもしれません。

旧盆の西日本の場合は8月15日から9月上旬が残暑見舞いの贈り物をする時期といえるでしょう。

残暑見舞いの贈り物をする時期は立秋の8月7日から月末にかけてだといわれています。
しかし西日本の場合は時期が少し後の方がよいこともあります。

字の通り暑さが残るうちに贈り物をしたいですね。

残暑見舞いのギフトはいつまでに送るのといいの?

残暑見舞いは「残暑」が残っている時期までに相手方に届くように送ります。

9月に入っても暑い日が続いていますので、

8月を過ぎてしまった9月でも残暑見舞いのギフトをお送りしても問題ありません。

 

ただし、9月に入ってしまいますと日ごとに涼しくなってきますので、

遅くても9月の第1週目までに先方に届くようにしましょう。

ここで気を付けなければいけないことは、

相手方にいつ届くのかということです。

お店でギフトを購入してそのまま宅配便で発送する場合は

残暑見舞いの葉書と同様に発送から遅くとも2~3日後には相手方に届きますので、

そこまで気にする必要はありません。

 

ただし、最近はネットショッピングで注文して、

先方に直送するというケースが多くなっていると思います。

 

ネットショップによっては注文後すぐ発送して頂けるお店もありますが、

気を付けないと「注文後1週間から10日以内に発送」などと時間がかかる場合があります。

 

9/1に「忘れていた!」と慌てて注文をしても、

到着が9月中旬過ぎになってしまった…

という事になってしまう可能性もあります。

 

運悪く相手の仕事の都合などで、

ギフトの受け取りに時間がかかってしまった場合は、更に遅れてしまいます。

残暑見舞いを葉書でななくギフトで送る場合は、

相手にいつ届けたいかを念頭に置いて用意するようにしましょう。

まとめ

今回の記事では残暑見舞いの贈り物をするときのマナーについてお伝えしてきました。

 

残暑見舞いは日頃お世話になっている方への季節のごあいさつをするもの。

正しいマナーを知って、良好なお付き合いを続けていきましょう!!

 

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • コピーしました

   雑学   0

この記事を書いた人

シゲキ
シゲキ

一人暮らしをしていると、家のコトは全部自分でやらなければいけません。ただ、わからないことがあっても聞ける人がいないのでネット中心にリサーチしています。リサーチして実践してみて便利だなと思ったことをお届けしていきます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: