雑学

残暑見舞いの例文~先生宛に小学生や高校生が書くときのポイントをチェック!

目安時間 7分
  • コピーしました

残暑見舞いを先生に送るときは、

友達宛てに送るものとは違い学生らしい文章を残しつつも

ある程度は定型文に沿って送るといい印象を与えるでしょう。

 

冒頭に時候の挨拶を入れ、学生らしい近況報告をして、締めのことばにつなげる

手紙の定型文をいれつつ学生らしい近況報告をうまくしていきたいですね。

 

それでは各シチュエーションに合わせた例文をお伝えしていきます。

残暑見舞いの書き方の例文~先生宛に小学生が書くとき

小学生が先生宛に残暑見舞いを出す場合、

元気に夏休みを過ごしていることと、

夏休み明けから頑張りたいことや目標を書きます。


小学校低学年の例文です。


ざんしょおみまい もうしあげます
○○先生、毎日あついですが、お元気ですか。

わたしはかぞくでキャンプに行きました。

バーベキューがおいしかったです。

ほしもたくさん見えて、とてもよかったです。
もうすぐ、学校がはじまります。

はやく先生やみんなにあいたいです。
二学きもがんばります。
れいわ〇年八月


夏休みの出来事や思い出を書くと、先生も様子がわかって安心されます。

はがきに縦書きすることや学校で習った漢字を使うように親御さんはアドバイスしましょう。

 

1年生や文章を書くのが苦手なお子さんはイラストや絵を描くなど、

こだわらない書き方も大切です。

その場合は、空いたスペースや絵葉書のように表面の下半分に一筆添えます。


ざんしょおみまい もうしあげます
先生、お元気ですか。
ぼくも元気です。
しゅくだいはもうすこしです。
あついけど、がんばります。
れいわ〇年八月

 


小学校高学年の場合は、敬語を意識することがポイントです。

 

残暑お見舞い申し上げます
毎日暑い日が続いていますが、先生はお元気ですか
わたしは、クロールも平泳ぎも25m泳げるようになりました。
まだまだ、暑い日が続きますが、どうぞお体に気をつけてお過ごしください。
夏休み明けに先生にお会いするのを楽しみにしています。
令和〇年 八月


相手を気遣うことや近況報告、夏休み明けを心待ちにする想いをつづります。

定型文を利用してもかまいませんが、あまり大人びた表現にならないようにしましょう。

 

子どもらしさや個性を楽しみにされる先生もいらっしゃいます。

お子さんの自由の発想も取り入れましょう。


残暑見舞いは、ちょっとした気遣いです。

普段はがきを出す経験が少ない小学生にとって、またとないチャンスです。

例文を参考にしながら、お子さんが楽しく残暑見舞いを書けるようにしましょう。

残暑見舞いの書き方の例文~先生宛に高校生が書くとき

残暑見舞いを高校生が先生宛書く時、

始まりの挨拶、近況報告、そして結びのご挨拶という典型的な内容がお勧めです。


始まりの挨拶は

「残暑厳しい時期ですが、先生、変わらず健やかにお過ごしでしょうか」

で開始していいと考えます。

 

そして高校生らしい近況の報告を先生にします。

 

例えば、

 

期末の学力テストで、私の希望する大学への偏差値を目指し頑張りましたが、

残念ながら少しだけですが目標の偏差値に届く事ができませんでした。

ぜひとも合格したい大学のため、夏休みに入ってからも学校からの課題をこなしたり

オンラインでの受験対策など、自分なりに学力の向上に現在取り組んでいる最中です。

希望する大学に必要な英語を特に勉強していて、

2学期開始後に実施される実力テストでは目標の偏差値を超すつもりで懸命に頑張っております。
来年の本番では、先生にいい結果を報告できるように頑張りますので

これからもご指導よろしくお願いします。

 

このような近況報告がいいと考えます。

 

そして最後に結びの言葉として、

「残暑厳しい折ですが、ぜひご自愛ください」
と文をまとめるといいと考えます。

残暑見舞いに簡単な近況報告を加えるときの例文

残暑見舞いに簡単な近況報告を加えるときは、簡潔に伝えることを心掛けましょう。

「残暑お見舞い申し上げます」

を少し大きめの文字で書きます。

時候の挨拶も兼ねますので重宝です。

 

その後、

「立秋とは名ばかりですが」とか

「立秋を過ぎても暑い日が続きますが」とかに続けて

「いかがお過ごしでしょうか」と様子伺いの定型文を使います。

その後、行替えをして

「今年は家族でのんびり過ごしております」など、近況報告をします。

引っ越しや結婚などのお知らせにも利用可能です。

 

「このたび転居しましたので、お知らせします」

「このたび結婚いたしました。未熟な私たちですが、

力を合わせて楽しい家庭をつくっていきます」

など、近況報告の定型文を添えるだけでかまいません。

最後に、

「もうしばらく暑さが続きそうですが、○○様もどうかご自愛ください」

と相手を気遣う言葉で終わります。

「令和〇年 晩夏」を日付代わりに入れるのが、

残暑見舞いの定型ですので、覚えておくと便利です。

残暑見舞いに簡単な近況報告を加えると、

定型文であっても親しみを感じさせるものになります。

特段変わったことがない夏でも一筆加え、元気に過ごす喜びを分かち合いましょう。

まとめ

今回の記事では先生に宛てた残暑見舞いの例文をお伝えしてきました。

 

手紙を書く機会が減った現代では先生に宛てた季節の挨拶は

手紙の書き方を勉強するいい機会でもあると思います。

 

今年はぜひ残暑見舞いを書いてみてください!!

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • コピーしました

   雑学   0

この記事を書いた人

シゲキ
シゲキ

一人暮らしをしていると、家のコトは全部自分でやらなければいけません。ただ、わからないことがあっても聞ける人がいないのでネット中心にリサーチしています。リサーチして実践してみて便利だなと思ったことをお届けしていきます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: