雑学

残暑見舞いを手紙で書くときの例文や横書きの書き方。そもそも手紙でもいいの??

目安時間 6分
  • コピーしました

残暑見舞いに限らず手紙を書く習慣が少なくなってくると、

いざ書かなければいけなくなってもどんな内容で書けばいいか分からないですよね。

 

季節のご挨拶としての手紙はどんなときでも書けるように準備が必要になってきます。

そこで今回の記事では残暑見舞いを手紙で書くときの例文についてまとめました。

残暑見舞いを手紙で書くときの書き始めや終わりの例文

残暑見舞いは普段書かないものですので、不慣れな人が多いと思います。

今回は手紙で書くときの例文をお伝えします。

 

基本的に残暑見舞いの書き出しは

「残暑お見舞い申し上げます」という言葉から始まります。

 

次は書く内容ですが、送る時期に合った文章を書くのが一番です。

「暑い日が続きますが」などのような言葉をいれて、

暑い中お体に気を付けて下さいという相手への気遣いの言葉をいれるのが大事です。

 

本格的な残暑見舞いを書くのでしたら、

「晩夏」「立秋」「葉月」「八月」などのような季語をいれるのをお薦めします。

 

終わり方としては、

相手の事を気遣いながら自分の相手に対する気持ちを入れていくのが重要です。

 

例文としましては、

「暑い中大変ですがくれぐれもご自愛のほど申し上げます」

「また是非ともご来店ください」というように、

相手の事を気遣いながら自分の気持ちも入れて行くことが大切です。

 

気持ちのこもった残暑見舞いをもらうことで、

これからの相手との交流が円滑になる事間違いないです。

残暑見舞いを手紙で送るときのメリットや注意点

残暑見舞いの出し方は手紙かメール(LINE)かの2通りに別れると思います。
手紙のメリットと注意点についてまとめてみました。

 

1.手紙で出すことのメリットとは?
電子化が進むこの時代、

日々のコミュニケーションはメールやLINEを使用する機会も増えてきたと思います。

普段仕事やプライベートで慣れている人にとっては、

メールやLINEで残暑見舞いを送るというのもいいですね。

最近ではスマホのアプリで簡単に画像編集も出来るので、

例えば子供の写真にメッセージをつけて、

残暑見舞いとして送るというやり方もあると思います。

一方ですべての人がメールやLINEに慣れているかというと、そうではなく、

例えばお年を召した方の中には少々抵抗を感じる方もいるかと思います。

手紙というのは、古くから親しまれた世界共通の文化であり、

季節の挨拶は伝統を大切にする世代の方には重要なものになり、

そのような方には必ず受け入れられる手段であることが大きなメリットですね。

 

2.手紙で出すときの注意点
残暑見舞いを送る時期は立秋から8月末までが目安となっています。

残暑見舞いは礼儀として相手と交換するものですので、

例えば8月末ぎりぎりに相手に届いてしまうと、相手に返信を急がせてしまいかねません。

送るときは余裕をもって相手方に届くよう事前に準備をしておくことが大切だと思います。

手紙を書くときに横書きでの書き方

残暑見舞いはどのようなイメージでしょうか?
多くの人は、残暑見舞いは「ハガキ」というイメージがあると思います。


またハガキじゃないとだめだ、

というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。


実は残暑見舞い、ハガキではなく「手紙」で書いても大丈夫なのです。
そもそもハガキは手紙を簡易的にしたものであると言われている為、

多く書くことができる手紙の方が丁寧だとされています。


今回は残暑見舞いを手紙で書く際の書き方や注意点を記していきたいと思います。
まず残暑見舞いというと縦書きのイメージがあるかと思いますが、

手紙で書く際に横書きで書くことは全く問題ありません。


しかし、文書を横書きにしたら表面に書く宛先も横書きにしましょう。
必ず表面と裏面で書く方向を統一してください。
次に残暑見舞いの書き方です。


最初の書き出しには季節に沿った挨拶を書きましょう。
残暑見舞いであれば「残暑お見舞い申し上げます」が一般的です。


そこから相手の状況を聞くと共に、自分の近況を知らせます。
そして相手の健康や安全を祈る文章を入れ、最後に日付と差出人の名前を書きます。
これで残暑見舞いが完成します。


ハガキでも良いですが、

手紙になると沢山の事柄を書くことができるため相手に伝えやすくなりますね。
この機会に是非残暑見舞いを書いてみてください。

まとめ

今回の記事では残暑見舞いを手紙で書くときの例文についておつたえしてきました。

基本的な手紙の書き方に沿って書くと失礼には当たらないような文章になります。

定型文+αで丁寧にごあいさつするのがいいと思います。

 

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • コピーしました

   雑学   0

この記事を書いた人

シゲキ
シゲキ

一人暮らしをしていると、家のコトは全部自分でやらなければいけません。ただ、わからないことがあっても聞ける人がいないのでネット中心にリサーチしています。リサーチして実践してみて便利だなと思ったことをお届けしていきます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: