雑学

残暑見舞いを先生から子どもへ送るときの例文。手軽に印象が残る方法や文章

目安時間 12分
  • コピーしました

夏休みの中盤から終盤にかけて、生徒に向けて残暑見舞いを送る機会があると思います。

生徒のほうから暑中見舞いを送ってくることもあるかもしれませんが、

大切なのは生徒全員に同じように送ることです。

 

最近では生徒の親御さんのほうが先生からのことに敏感になっていることもあるためです。

 

生徒全員に同じように残暑見舞いを送るための内容や例文について確認していきましょう!!

先生が小学生に送る残暑見舞いの内容や例文

先生が小学生に送る残暑見舞いは、クラス全員に同じものを準備して、

一言添えるようにすると負担がかかりません。

 

理由は、クラスの中で残暑見舞いを見せ合うからです。

合わせて、ご家族も目を通すことも忘れないようにします。

子ども同士より保護者の反応は敏感です。

 

イラストを変えるとか文章を印刷してコメントを変えるとか、

同じ文章量、テンションを心掛けます。

 

ここからは小学校低学年向けの例文になります。

残暑見舞いの定型文を使うと、子どもは参考になります。

 

難しい言葉を避け、授業で教えた漢字は使うなど、

授業の一環であることを意識しましょう。

 

ざんしょおみまいもうしあげます
あつい日がつづきますね。
○○さんは、たのしく、げんきにせいかつしていますか。
せんせいは、まい日あつさにまけずにがんばっています。
なつやすみがおわって、○○さんあえるのをたのしみにしています。
せんせいより

 


小学校高学年向けの場合は、暑中見舞いのお礼状を兼ねた残暑見舞いの例文です。

 

残暑お見舞い申し上げます
素敵な暑中見舞いをありがとう。
毎日暑いですが、○○さんが様々なことに挑戦していることがわかり、うれしくなりました。
先生も、負けずにがんばろうと思います。
休み明けに、みんなに会える日を楽しみにしています。
令和〇年 八月
先生より

 


暑中見舞いを貰った前提ですので、

手紙の中に書いてあった内容に対する返事を必ず書きます。

 

「読んでもらえた」と子どもが実感できることが大切です。

スルーされると、休み明けまで引きずることもあります。

 

受け止めたことを伝え、休み明けに気持ちよく登校できるように配慮しましょう。
残暑見舞いは、先生と生徒の結びつきを高めるアイテムです。

 

暑いときに大変ですが、一人ひとりに向き合い、丁寧に書きましょう。

残暑見舞いの手軽に印象が残る方法や例文

残暑見舞いはほとんどの人が使いますが、

多くの人が「残暑お見舞い申し上げます」という言葉を使って文章を書いています。
ですからこそ、受け取り側も単なる挨拶として感じないという人も多いでしょう。


そこで一歩、相手に印象を付ける為にはありきたりな文章では、興味を持ってくれません。
書きそうにない文章を書く事で相手に印象を付ける事が出来ます。


文章もそうなのですが、

相手に印象を与えるにはハガキなどにも気を使わないといけません。


ハガキやメールの背景を変えるだけで、相手のイメージが変わってきます。
基本の挨拶をくずさず、相手に印象を与えるコツを使う事で印象を付ける事が出来ます。


今では多くの人が定型文が入ったハガキやメールなどを使って済ませています。
それを筆ペンや手書きで送る事で、印象を与える事ができますし。
好印象を与える事が出来ます。


ちょっとした裏技ですが、文字を大きく書くのも重要です。
些細な事ですが、相手の目に止まる確率が格段に上がります。


そして文章に二人だけの共通の話題を出す事でより相手の興味をそそる事が出来ます。

 

(例)

残暑お見舞い申し上げます。

お互い暑いのは苦手だとこないだお話しましたが、いかがお過ごしですか。
このあいだの〇〇の件本当にありがとうございました。
まだまだこの残暑が続きますので、くれぐれもご自愛ください。


もっと目上の人でしたら、相手を上に上げた文章に心掛けるといいでしょう。

同じ時期にたくさん受けとるものになるので、

ちょっとした差別化を図ることで全然印象が変わってきます。

 

あなたなりの差別化のお役に立てるとうれしいです。

残暑見舞いの定型文はどんなもの

最後に「手紙」を書いたのがいつだったか、覚えていますか?
メールやLINE、その他にもたくさんのデジタルツールが溢れる現代では、

「手書きメッセージ」なんてアナログなもの……と思われるかもしれません。


年賀状や、暑中見舞いくらいならなんとなく知っているけど……という方も、

これを機に残暑見舞いにも挑戦してみるのはいかがでしょう。

 

残暑見舞いは季節の挨拶で、実際の気温よりも暦を基準に送られるのが通例です。
中でも「残暑」は立秋(8月8日頃)から8月末まで、

遅くとも処暑の候(9月7日頃)までに送る言葉です。

 

「もう秋なのに、まだまだ暑いですね」とご挨拶するというわけ。
葉書で送るのが基本ですから、手紙みたく身構えて、長く書く必要はありません。

 

はじめに「お見舞い申し上げます」、

そして「時候の挨拶」と「結び」だけで構成されるのが普通です。


一見堅苦しい「時候の挨拶」も、かしこまる必要はありません。
要は、「まだまだ暑いですね」というだけなのです。

 

余裕があれば、自分や家族の近況報告をしましょう。


【例】
(1.書き出し)残暑お見舞い申し上げます。
(2.時候の挨拶)暦の上では秋となりましたが、まだまだ暑い日が続いておりますね。

       お元気でしょうか。
(3.近況など)お陰様で、こちらは家族共々、夏バテもせずに過ごせております。
(4.結び)夏の疲れや、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですので、

    お身体には気を付けてお過ごしくださいますよう、お祈り申し上げます。
令和○年 立秋(など)

 

こちらはかなり丁寧に、形式ばった書き方かもしれません。

しばらく会えていない親戚や、先生、上司などに送る際は、

このように丁寧に書けば間違いないでしょう。

 

ですが離れて暮らす家族や、友達やなんかに送るときは、もっと気軽でもいいのです。
「まだまだ素麺が美味しい季節です」

「ひぐらしの声だけが涼しげです」

「今から秋の味覚が楽しみです」なんて……食べ物の話ばかりになってしまいましたね。

 

でも、このくらいでいいのです。

その時、その季節に感じたことを伝えるのが、日本の「お見舞い」です。

 

形式や定型文があるぶん、実はメールやメッセージなんかより、送りやすかったりします。
今年は是非、遠く離れた知り合いに、季節の心をお裾分けしてみてはいかがでしょう。

残暑見舞いを英語で書くときの例文

残暑見舞いと言えば日本の文化ですが、

日本に住んでいる外国人のお友達に送りたいと思った場合、
日本語がうまい方でも、英語で送ることができたらちょっと素敵ですよね。


アメリカやヨーロッパなどの英語圏には、暑中・残暑見舞いの習慣はありません。
ですが、Season’s Greetingといって季節の節目に、

同じようにカードを贈ることはあるようです。


クリスマスから年末年始にかけて、

カードを送りあっているのを聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

日本独特の風習となると、

学校で英語を勉強しただけではなかなか英文で残暑見舞いを書くのは難しいかもしれません。

 

ごく一般的な残暑見舞いのメッセージはこんな感じではしょうか?
①残暑見舞い申し上げます。
②「元気にされていますか」などの気遣う言葉。
③「私はこうです。」などの近況報告。
④お体にお気をつけてお過ごしください。


それを英語で言うとこうなります。
① Late summer greeting to you.(残暑お見舞い申し上げます。)

  Season’s greeting to you.(季節のごあいさつをさせていただきます。)
② How are you? (いかがおすごしですか?)

    Are you getting well?(元気にやってますか?)
How was your summer vacation?(夏休みはどうでしたか?)
Are you enjoying the summer?(夏を楽しんでいますか?)
③ I am suffering from the summer heat!(私は夏バテ気味です!)

    I went camping with my family.(私は家族とキャンプに行きました。)
④ Please take care of yourself.(お体ご自愛ください。)
Best wishes for your health in this summer.

  (お体に気を付けて、素敵な夏になりますように。)

 

最後に Sincerely.(敬具)や、Cheers.(じゃあね)をつけても素敵ですね。
また、ハガキに色の違う大きな字で
「HAPPY SUMMER!」 「HOT SUMMER!」
などの題字をつけても楽しくなりますよ。

 

英語にすると、日本の「残暑見舞い」という言葉のしっとりしたイメージとは違って、

なんだかポップで楽しい印象になりますね。
かわいらしいものや、楽しいハガキで送りたくなってしまいます!

まとめ

今回の記事では残暑見舞いの例文についてお伝えしてきました。

なかなか会えない方へも挨拶を送って、

連絡を取り合うきっかけになるといいですね。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • コピーしました

   雑学   0

この記事を書いた人

シゲキ
シゲキ

一人暮らしをしていると、家のコトは全部自分でやらなければいけません。ただ、わからないことがあっても聞ける人がいないのでネット中心にリサーチしています。リサーチして実践してみて便利だなと思ったことをお届けしていきます。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: